Tags: Posted in kindle,PC Twitterに投稿 10 Comments

2010/6/19 連絡
JB2.5環境ではこちらをご利用ください。
anti-bunchin hack for JB2.5

2010/5/6 update(v0.5)
kindle version2.5にフォントハックをインストールするためにrecovery.shを使用するのでスクリプトを作成したところ、
前のバージョンで対応したrecovery.shの起動に失敗する場合があったので修正しました。
kindle2.5にうちの方法で日本語フォントハックを入れる場合には現在公開している物に入れ替えてください。
アンインストーラは変更ありませんので現在おいてある物を使ってください。

2010/2/25 update(v0.4)
anti-bunchinを入れていてもRepareNeeded画面まで行ってしまうと端末の電源が切れてしまうという情報をいただいたので、その画面で電源を切れないようにしたのがメインの変更点です。

変更点:
1./var/local/system/.framework_rebootsファイルのチェックが抜けていたのでこのファイルも確認するように修正。
2.USB接続ドライブのルートにANTI_BUNCHIN_ENABLEをおいておくといつでもanti_bunchinモードに入れるようにしました。
3.USB接続ドライブのルートにrecovery.shを置いておくとanti_bunchin発動時に自動実行するようにしました。
4.アンインストーラで/opt/anti_bunchinを削除し忘れていたのを修正。
今回の変更点1については@sntさんからの不具合情報に感謝。

以前の更新履歴


kindle2の文鎮化防止ハック(anti-bunchin hack)を作成しました。
日本ではbrick(レンガ)より文鎮の方が良さそうなのとanti-brickはすでにあるのでその差別化ということでanti-bunchin。
今日kindleDXのinternational版が販売開始になったからというわけでもないけど、文鎮化すると修復が面倒なので作ってみました。

これは文鎮になる寸前で復活するためのものであり、すでに文鎮になってしまったものは修復できません。
文鎮から復活したい方は、シリアルコンソール接続を試してください。

現状無改造状態からの復旧方法はシリアルコンソール以外ありません。
下記の内容とは矛盾しますが、フォントハックやその他一つでもハックを入れる場合にはとりあえず入れておくことを推奨します。

お約束

このサイトを見て何のことかわからない人は導入しない方が良いですが。
他に内部をいじる系のハックを入れない人には不要です。
インストールすることによる不具合については無保証です。

動作

フレームワークのエラーでkindle自体の再起動がかかったときに、起動状態を確認してkindleのUSBネットワークを有効にしたうえでtelnetdを立ち上げます。
kindleのipは192.168.2.2に設定します。
また、シェルスクリプトをrecovery.shという名前で置いておくと自動で実行します。
ANTI_BUNCHIN_ENABLEという名前のファイルをおいておくといつでもanti_bunchinモードに入れます。
(一度実行するとこのrecovery.shとANTI_BUNCHIN_ENABLEは削除します。)

インストーラが何をしているか

/etc/init.d/anti_bunchinのコピー
/etc/rc5.d/S90anti_bunchinにシンボリックリンクを作成
/opt/anti_bunchin/busyboxのコピー
/mnt/us/system/anti_bunchin_install.logへインストール日時の書き込み
以上です。
アンインストーラは上3つの削除とanti_bunchin_install.logにアンインストール日時を書き込みます。

中身が気になる方はアップデータをばらして自分で確認するのが一番良いと思います。
確認して問題があれば教えてください。

インストール

以下のファイルいずれかをUSBドライブのルートに入れてアップデートを実行するだけ。
うちのkindle2国際版とKindle DX国際版にて動作確認しました。他は未確認です。
アンインストーラはどのバージョンでも共通です。

Version2.5.xの方はこちらをご利用ください

Ver 0.5
インストール用ファイル
kindle2 US版
kindle2 国際版
kindleDX
kindleDX国際版

アンインストール用ファイル
kindle2 US版
kindle2 国際版
kindleDX
kindleDX国際版


過去の更新履歴

2010/2/22
先日anti-bunchinを入れているのに端末の電源が切れてしまうという報告を受けました。
原因を探ったところ、ほとんどのパターンでは現在のスクリプトで回避できるのですが、どうも特定の状況でanti-bunchinが起動しても端末の電源が落ちる場合があることが分かりました。現在その問題に対応中です。
ほとんどスクリプトは書き終わっており、実機での検証が終わり次第リリースの予定です。

2010/2/2 update
バージョン情報をUSBドライブ:/system/anti_bunchin_install.logに書き込むように変更。
インストール、アンインストール中に進行状況を表示するように変更。
anti-bunchinスクリプト発動時にも画面表示を出すようにしました。
それ以外の動作に関しての変更はありません。

2010/1/21 update
Kindle DX国際版の対応版を公開

2010/1/7 update
Version_0.2
修正点 usbネットワークを有効にしたときにnetwatchdを停止する処理が抜けていたので追加。
初版ではUSBネットワークが勝手に切断されてしまう問題があります。

2010年1月7日