Linux(Ubuntu)でEvernoteを使う

投稿者: | 2010年11月19日

この記事の運用は少し前の状態です。
現在は以下のリンク先の記事のとおりNevernoteではなくweb版を使用しています。
Android と Linux で Evernote を使うなら Evernote Web が良さそう


 
HT-03Aを去年買ったのだけれど、Nexus Oneを購入してからすっかり控えの端末になっていました。
しかし、先日からdocomoがevernoteのキャンペーンをやっており、HT-03A(CyanogenModに書き換え済み)からevernoteアプリを使ってアクセスしたところプレミアムとして1年間容量が500MBになったので1年ぶりぐらいにevernoteを使ってみているところです。
カスタムロムでも登録されたということは、IMEIかMEIDで判定しているもよう。
まぁHT-03Aはこの登録のために使いましたが、あとはNexus Oneを使うわけですが。

Evernoteの問題は、Linux用の公式クライアントがないということだったのですが、NeverNoteという物があるということで入れてみました。
これで問題なく使えることを確認。

ネットワークでの同期といえば、前に書いたとおりDropBoxとTomboyを使った共有も便利ではあるんだけれど、携帯端末ではTomboyの良いクライアントがないのでちょっと使いにくい。
結局携帯端末で見る場合用にはDropBoxにファイル直置きしていました。
ただ、この場合でもLinuxで日本語を書いたファイルをMacで読むと文字化けするという問題があります。

Evernoteではこの文字化けの問題もないようなので、メモ置き場としてはEvernoteをメインで使うことになりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。