Mac mini late 2012 を購入したときの記録 (2)

投稿者: | 2013年3月23日

前の記事の続き
確か書いたのは2012/11のはじめ頃。

—-
やっとMac mini用の増設ドライブキットが到着したので早速増設。
買ったキットはこれ
OWC ‘Data Doubler’ SSD/2.5″ Hard Drive installation Kit
国内で買っても高いし待たされるようだったのでOWCから直接購入しました。送料も入れて5000円程度だったかと。

内容はこんなの
owc1
owc2

早速増設します。
裏のふたを開けてメモリを取り外し
mini_bunkai1

ファンを外す
mini_bunkai2

無線Lanモジュールを取り外し
mini_bunkai3

メインボードを引き出してこの前入れ替えたSSDを取り外し
mini_bunkai4

U字の金具はメインボードの引き出し時にここに引っかけて使うものでした。
mini_bunkai5

メインボード
mini_board1

ヒートパイプの下の右のがCPUですかね
mini_board2

電源ユニット。プラグ部分を回して筐体に引っかけるように固定されている。
mini_board3

東芝の1TBHDDを増設トレーに固定して入れる
mini_board4

元通り組み立て
mini_board5

英文ですがマニュアルも工具一式もあるのでケーブルにだけ気をつければ特に問題なく終了。

残念ながら先日増設したSSDとの組み合わせで特にFusionDriveになるということもなく、普通にSSDとHDDが見えます。
これでシステム用の高速ドライブとVM置き場に使える大容量ストレージという構成になったのでしばらくこのまま使う予定です。

—-
今だと増設キットは円安の影響でOWCから直接買うより秋葉原あたりで買った方が安いかもしれません。でも直接買うとマニュアルとトルクスドライバやメインボード引き出し用工具までが全部そろった状態で届くのでOWCから買った方が便利ではあります。国内で売っているところはどこもフラットケーブルとネジだけのセットという必要最低限だけで、トルクスドライバが別売りだったりメインボード引き出し工具がついてないのが一般的なようです。

カテゴリー: Mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。