F-12C (GB 2.3.4世代全部?) のrootがとれるようになってました

投稿者: | 2011年11月1日

[2011/11/6 追記]
この手順をSH-13Cを借りて試してみましたが、sharpは国内でrootとられただけあって制限が厳しく、
/data以下にユーザーの読み書き権限がないためにいきなり適用不可でした。
また、ここで配られてるファイルの元になってるzergRushのソースを見ると、
そのままコンパイルした場合は/dataの下にファイルを置くことが前提になっているので
この辺りを書き換えてコンパイルし直さないとダメでしょうね。
自分の端末ではないのでさすがにそこまでは試さず。


XDAを見ていたらGingerBreadの2.3.4世代の端末全てで使えそうなroot取得方法が出ていたので
F-12Cで試してみたところ無事に取得できました。

詳細はこちら
[30/OCT][ROOTING/UNROOTING] DooMLoRD’s Easy Rooting Toolkit [v1.0](zergRush Exploit)

リストにはF-12Cは入っていませんが使えました。

root化の手順はバッチファイルになっているので簡単ですが(windowsの場合)、これを実行する前に
F-12Cのドライバをインストールした後adbでアクセスできるようにする方が面倒です。

C:\Users\[ユーザー名]\.android
にある
adb_usb.ini
に富士通のベンダーIDである

0x04C5

を追加する必要があります。
どうもここは富士通のドライバインストーラは自動で追加してくれないようなので。

>adb shell
$

となる状態になったら
zipを展開するとできる
runme.bat
を実行すれば自動でrootの取得とコマンドの導入までしてくれます。

他のOSの場合はバッチファイルの中を見て同じことを手動でやればOKかと。

F-12C (GB 2.3.4世代全部?) のrootがとれるようになってました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: F-12Cを買いました - 記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。