ATOK X3 をUbuntu10.10(64bit)にインストール

投稿者: | 2011年1月13日

Ubuntuを64bit版に変更したら、debパッケージを使用するインストーラが動作しなくなったのでどうにかならないか探したところ、
以下のサイトを発見。
8.04の時代の手順のようですが、ほぼそのまま使えるので、こちらのサイトを参考にしました。
ATOK X3 を Ubuntu Hardy(x86_64)にインストール

以下がインストール手順です。
最初に書いたとおり、deb用スクリプトだと64bitのシステムにはインストールできないと言われるので、tar用のスクリプトを使います。
途中64bit用のファイル指定が少し追加になってます。

$ tar xzvf atokx3.tar.gz
$ cd ATOKX3
$ sudo -s
# export LANG=C
# touch /etc/gtk-2.0/gtk.immodules
# bash ./setupatok_tar.sh
This software is furnished under an end user agreement and may be used
or copied only in accordance with the terms of such license.
If you accept the terms of the license agreement,Please select “Yes”.
If you do not accept the terms of the license agreement,Please select “No”.
? (yes/no)yes
Input path of gtk-query-immodules-2.0 for 64bit application:
/usr/bin/gtk-query-immodules-2.0
Input path of gtk.immodules for 64bit application:
/etc/gtk-2.0/gtk.immodules

ライブラリを32bitライブラリ置き場に手動でコピー

# cd bin/tarball/IIIMF
# tar xzvf iiimf-client-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
# tar xzvf iiimf-protocol-lib-trunk_r3104-js3.i386.tar.gz
# mv ./usr/lib/* /usr/lib32/

使われる32bitライブラリの手動インストール

# wget http://ftp.ussg.iu.edu/linux/ubuntu/pool/main/t/tcp-wrappers/libwrap0_7.6.dbs-14_i386.deb
# dpkg –fsys-tarfile libwrap0_7.6.dbs-14_i386.deb | tar xf –
# mv ./lib/libwrap.so.0* /usr/lib32/
# /sbin/ldconfig

うちのATOKはダウンロード版のため最新になっているので(?)更新ファイルは無し。
(だと思います。前回自分で統合したのでなければ。32bitシステムにインストールした時に解凍したものを使い回しで作業したせいかも。)

最後に設定を適用

# sudo bash /opt/atokx3/sample/setting_debian4.sh

Shift +Space で日本語入力がONになるように
/etc/iiimf/js_triggerkeys.conf
もyesに設定しておきました。

それから今回はこれも適用。
アプリケーションウィンドウや入力カーソルの下に表示される[ATOK]を非表示にしたい(参考情報)
Ubuntuの場合、
システム -> 設定 -> 自動起動するアプリ
というのがあるので、ここに追加しました。

この後、ログアウトとログインでATOKが有効になります。

あとは郵便番号辞書が2010/11付けで更新されていたので導入。
これは辞書ファイルなので普通にインストール可能です。

ATOK X3 をUbuntu10.10(64bit)にインストール」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ubuntu 11.04 (AMD64) (3) ATOKインストールやandroid開発環境構築 - 記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。