kindle文鎮化からの復活 2

投稿者: | 2010年3月16日

前回書いたkindle文鎮化からの復活では続きで別な事例を書くつもりでしたが、その後これ以外に有効な手立てがあると思っていたのが実は使えなかったので、間違ってフォントファイルを消してしまった場合のみ前回書いたお手軽な修復が可能ということになりそうです。
今のところRepairNeededになってしまうとインストーラの起動がどうやってもできないため、単にフォントを消しただけという場合以外はシリアルポートにアクセスする方法を使うことになります。

フォントハックのアンインストールミスで完全に文鎮化してしまった状態から@kou1twさんが修復に成功したとの連絡をいただきましたので紹介します。
kindle 文鎮化からその後からのその後 [kou1のブログ]
ハードの接続については
kindle Serial Console Connection [nuke – attack with nuclear weapons -]
を参考にされたとのことです。

基本的にシリアルポートにアクセスして何とかする方法なのですが、パーツがそろえば半田づけも不要なのでもし文鎮化して困っている方は参考にしてみてください。

うちで今までに書いたシリアルポートへのアクセス方法に比べれば(ハード的な面で)だいぶハードルは下がると思うので、修復以外にも内部をいじりたい人にも良いかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。