ICONIA TAB A500 rootなど

投稿者: | 2011年7月19日

標準だと日本語の表示がいまいちなのと、その他いろいろいじろうと思っているのでrootを取ります。
kernelソースも公開されてますし。

注意

以下の手順を実行すると当然ながらメーカーのサポートが無くなるのでそれが嫌な方はやらない方がよいです。

手順

国内版入手時のバージョン3.0.1でしたが、この状態からrootを取るだけであれば
How To Root An Acer Iconia A500
にあるとおり、A500用のGingerBreakを実行するだけでOK。
あとはadbからrootでログインできるのでいつものように触るだけ。

日本語フォントを変えたい場合はPCから

>adb remount
>adb push [フォントファイル] /system/fonts/DroidSansJapanese.ttf

として適当なファイルを置きます。(置いたら再起動)

カスタムROM

カスタムROMはClockworkMod Recoveryからzipファイルを選択してインストールするため、
端末のリカバリイメージの書き換えを行います。
簡単なのは
Acer Recovery Installer
をマーケットからインストールして実行。(上の手順でrootを取ってないと動きません。)
ちなみにddでCWMを直接インストールしても良いですが面倒なのでこれを使いました。
ddでインストールしたい場合は
ClockworkMod Recovery 1.3.4
にある物を入れればいいようです。

カスタムロムとして試したのは以下の2つのみですが、どちらも3.1ベースで動画再生能力が向上していることは確認しました。
うちの用途だとそれ以外は不明。
Taboonay
HoneyVillain
導入方法はzipをDLしてCWMからインストールするだけです。

ICONIA TAB A500 rootなど」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ICONIA TAB A500 メディアビュアーとして - 記録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。